研究のすすめ 医学生、医師の皆さんへ

研究室紹介

  1. 胸部悪性腫瘍(肺癌、中皮腫の)トランスレーショナルな研究

佐藤 光夫 准教授、森瀬 昌宏 病院助教、長谷 哲成 病院助教、田中 一大 病院助教

 肺癌を含む多くの固形癌は、種々の遺伝子異常が積み重なることにより生じると考えられている(多段階発癌説)。我々はこれまで約15年に渡り肺癌の発生、伸展に関与する遺伝子異常などの分子生物学的な解析を行い論文発表してきた。 研究手法としては、肺癌および悪性胸膜中皮種の細胞株および臨床検体を対象とし癌化に関与する遺伝子の発現や変異を検索することによって有望な治療標的候補となり得る遺伝子を同定する。次に、細胞株においてこれらの遺伝子を過剰発現または、発現抑制し、増殖能や浸潤能などのがん細胞の悪性形質に与える影響を検討する。近年は、肺癌細胞の増殖に必須な治療標的候補遺伝子の同定を目的として、プールshRNAウイルスライブラリーの肺癌細胞への導入と次世代シークエンスによる個々のshRNAの定量を併用した機能的な遺伝子スクリーニングも行っている。最終的にはこれらのアプローチから、癌治療の革新的な治療標的を見いだし、創薬の開発に繋げることを目的とする。  共同研究においては、名古屋大学工学部(馬場教授)、医学部分子腫瘍(高橋教授、柳澤講師)、愛知県がんセンター研究所(関戸部長)等と、尿および呼気中に含まれるがん早期診断マーカーの検索、がんの血液中循環腫瘍細胞の検出方法の確立、血液検体による抗癌剤感受性の予測方法の確立、癌細胞株の樹立などを行なっている。臨床研究としては、肺癌、悪性胸膜中皮種を対象とした医師主導治験、臨床試験に取り組んでいる。肺癌における希少遺伝子異常を標的とした治療開発に関しては、産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM(スクラム)-Japan」に参画し、非小細胞肺癌におけるRET融合遺伝子、MET遺伝子異常、および小細胞肺癌におけるPI3K/AKT/mTOR経路の遺伝子異常を対象とした医師主導治験実施施設として活動している。

図1

詳しい説明はこちらのPDFpdfよりご覧いただけます。
【発表英文論文(過去5年)】
1.


Growth inhibitory effects of miR-221 and miR-222 in non-small cell lung cancer cells. Yamashita R, Sato M, Kakumu T, Hase T, Yogo N, Maruyama E, Sekido Y, Kondo M, Hasegawa Y. Cancer Med. 2015 Apr;4(4):551-64.
2.



Phase II study of erlotinib for previously treated patients with EGFR wild-type non-small-cell lung cancer, following EGFR mutation status reevaluation with the Scorpion Amplified Refractory Mutation System. Morise M, Taniguchi H, Saka H, Shindoh J, Suzuki R, Kojima E, Hase T, Ando M, Kondo M, Saito H, Hasegawa Y. Mol Clin Oncol. 2014 Nov;2(6):991-996
3.


TIMELESS is overexpressed in lung cancer and its expression correlates with poor patient survival. Yoshida K, Sato M, Hase T, Elshazley M, Yamashita R, Usami N, Taniguchi T, Yokoi K, Nakamura S, Kondo M, Girard L, Minna JD, Hasegawa Y. Cancer Sci. 2013 Feb;104(2):171-7
4.


Genetic polymorphisms of the adenosine triphosphate-binding cassette transporters (ABCG2, ABCB1) and gefitinib toxicity. Tamura M, Kondo M, Horio M, Ando M, Saito H, Yamamoto M, Horio Y, Hasegawa Y. Nagoya J Med Sci. 2012 Feb;74(1-2):133-40
5.



The circadian clock gene BMAL1 is a novel therapeutic target for malignant pleural mesothelioma. Elshazley M, Sato M, Hase T, Yamashita R, Yoshida K, Toyokuni S, Ishiguro F, Osada H, Sekido Y, Yokoi K, Usami N, Shames DS, Kondo M, Gazdar AF, Minna JD, Hasegawa Y. Int J Cancer. 2012 Dec 15;131(12):2820-31
6.

Emerging evidence of epithelial-to-mesenchymal transition in lung carcinogenesis. Sato M, Shames DS, Hasegawa Y. Respirology. 2012 Oct;17(7):1048-59
7.


Transient but not stable ZEB1 knockdown dramatically inhibits growth of malignant pleural mesothelioma cells. Horio M, Sato M, Takeyama Y, Elshazley M, Yamashita R, Hase T, Yoshida K, Usami N, Yokoi K, Sekido Y, Kondo M, Toyokuni S, Gazdar AF, Minna JD, Hasegawa Y. Ann Surg Oncol. 2012 Jul;19 Suppl 3:S634-45
 
ページトップへ