研究のすすめ 医学生、医師の皆さんへ

研究室紹介

  1. 呼吸器感染症における新規治療戦略の構築

進藤 有一郎 助教

最適な肺炎治療戦略の構築

研究概要

 呼吸器感染症の中でも肺炎は罹患患者数が多く、また死亡者数も多い重要な疾患です。医療の進歩とともに、肺炎の疾患像は変貌してきており、「効果的かつ効率的な治療をどのようにするべきか?」という課題は、永遠の研究テーマになっています。

Figure1
  呼吸器感染症の中でも肺炎は罹患患者数が多く、また死亡者数も多い重要な疾患です。医療の進歩とともに、肺炎の疾患像は変貌してきており、「効果的かつ効率的な治療をどのようにするべきか?」という課題は、永遠の研究テーマになっています。  私たちは、「より適切な肺炎初期治療を可能にするための診断時の患者評価・分類方法の構築」をテーマに、約1500症例の大規模前向き多施設共同研究を中日本呼吸器臨床研究機構(CJLSG)のプロジェクトとして行い、臨床医が初期抗菌薬選択をする際に考慮するべき耐性菌のリスク因子、あるいは予後不良因子を明らかにしました。その成果は国際的にも高く評価されています(Am J Respir Crit Care Med 2013, Lancet Infect Dis 2015)。現在は、この先行研究結果の妥当性の検証、新たな臨床課題克服のための臨床研究、検出微生物を用いた薬剤耐性迅速診断に向けた遺伝学的解析、重症感染症患者における傷害された免疫能を修復するための免疫療法の開発など、今まで培ってきた臨床研究に加え、微生物側と宿主側の両面を考慮した基礎研究を組み合わせ、呼吸器感染症の次世代治療戦略の構築を目指して多面的に研究を展開しています(図2)。最近では、海外研究者との共同研究も増えています。

Figure1
 私たちのグループの臨床研究では、1年弱の期間で約1500症例の臨床データを集積できました。短期間で多数のデータを集積できるのは、名古屋大学とその関連病院に強い臨床ネットワークがあるためです。名古屋の「地の利」を生かした臨床研究をベースに基礎研究を組み合わせ、複数の研究者が力を合わせてエビデンスを創出し、社会貢献できるチームになることを目標に研究を進めています。

詳細な説明はこちらのPDFpdfよりご覧いただけます。

質問・問い合わせ先:
名古屋大学医学部附属病院呼吸器内科
助教 進藤 有一郎
Email: yshindo@med.nagoya-u.ac.jp

主な業績:
1. Shindo Y* and Hasegawa Y. Regional differences in antibiotic-resistant pathogens in patients with pneumonia: Implications for clinicians. Respirology 2017; 22: 1536-1546.
2. Shindo Y*, Fuchs AG, Davis CG, Eitas T, Unsinger J, Burnham CA, Green JM., Morre M, Bochicchio GV, and Hotchkiss RS. Interleukin 7 immunotherapy improves host immunity and survival in a two-hit model of Pseudomonas aeruginosa pneumonia. J Leukoc Biol 2017; 101: 531-542.
3. Sibila O, Rodrigo-Troyano A, Shindo Y, Aliberti S*, and Restrepo MI. Multidrug-resistant pathogens in patients with pneumonia coming from the community. Curr Opin Pulm Med 2016; 22: 219-226.
4. Shindo Y*, Ito R, Kobayashi D, Ando M, Ichikawa M, Goto Y, Fukui Y, Iwaki M, Okumura J, Yamaguchi I, Yagi T, Tanikawa Y, Sugino Y, Shindoh J, Ogasawara T, Nomura F, Saka H, Yamamoto M, Taniguchi H, Suzuki R, Saito H, Kawamura T, and Hasegawa Y, on behalf of the Central Japan Lung Study Group. Risk factors for 30-day mortality in patients with pneumonia who receive appropriate initial antibiotics: an observational cohort study. Lancet Infect Dis 2015; 15: 1055-1065.
5. Ito R, Shindo Y, Kobayashi D, Ando M, Jin W, Wachino J, Yamada K, Kimura K, Yagi T, Hasegawa Y, and Arakawa Y*. Molecular Epidemiological Characteristics of Klebsiella pneumoniae Associated with Bacteremia among Patients with Pneumonia. J Clin Microbiol 2015; 53: 879-886.
6. Shindo Y*, Ito R, Kobayashi D, Ando M, Ichikawa M, Shiraki A, Goto Y, Fukui Y, Iwaki M, Okumura J, Yamaguchi I, Yagi T, Tanikawa Y, Sugino Y, Shindoh J, Ogasawara T, Nomura F, Saka H, Yamamoto M, Taniguchi H, Suzuki R, Saito H, Kawamura T, and Hasegawa Y, on behalf of the Central Japan Lung Study Group. Risk Factors for Drug-Resistant Pathogens in Community-Acquired and Healthcare-Associated Pneumonia. Am J Respir Crit Care Med 2013; 188: 985-995.

ページトップへ