研究のすすめ 医学生、医師の皆さんへ

研究室紹介

  1. 気道病態生理・メカノバイオロジー研究分野

伊藤 理 病院講師

 気管支喘息、COPD、ARDS、人工呼吸器関連肺損傷など、肺や気道の炎症性疾患の病態生理に関する基礎および臨床研究をおこなっています。更には、膠原病関連呼吸器疾患であるIgG4関連疾患や関節リウマチ肺病変の臨床、呼吸リハビリテーション、オシレーション法(MostGraph)を中心とした呼吸生理学研究にも力を注いでいます。 基礎分野においては、気道平滑筋細胞、肺血管内皮細胞における細胞生理学研究、細胞内Ca2+シグナル研究、細胞力覚研究(メカノバイオロジー)を行っています。

詳しい説明はこちらのPDFpdfよりご覧いただけます。

参考文献・著書:
伊藤理. 解説「基礎」呼吸器とメカニカルストレス. 呼吸 2012 (in press).


伊藤理、長谷川好規. [特集] 細胞力覚:メカノセンシングが生命機能を生み出す: 呼吸器のメカノバイオロジー. 細胞工学 31:1014-1029, 2012.


Ito S, Hasegawa Y. Mechanical stretch and cytokine synthesis in pulmonary endothelial cells. In: Kamkin A, Kiseleva I (Eds) “Mechanosensitivity in cells and tissues” No 5. Mechanical stretch and cytokines. Springer, New York, NY, pp165-187, 2012.


Ito S, Ko SBH, Morioka M, Kondo M, Imaizumi K, Hasegawa Y. Three cases of bronchial asthma preceding IgG4-related autoimmune pancreatitis. Allergology Int 61:171-174,2012.


Perez-Zoghbi JF, Karner C, Ito S, Alrashdan YA, Shepherd M, Sanderson M. Ion channel regulation of intracellular calcium and airway smooth muscle function. Pul Pharmacol Ther 22:388-397, 2009 [Review].
ページトップへ