研究のすすめ 医学生、医師の皆さんへ

研究室紹介

  1. 肺疾患における免疫細胞の解析

若原 恵子 病院講師

免疫細胞から解析する肺・気道疾患

研究概要

 肺は、呼吸を介して常にウイルス、細菌などの微生物やアレルゲン、粉塵など外界からの刺激にさらされていますが、免疫細胞はこれらの多様な刺激の中から「病原性があるもの」あるいは「病原性がないもの」を抽出し恒常性を保っています。しかし、免疫応答の結果である炎症は時に過剰となり、組織破壊やリモデリングを引き起こします。さらに、本来病原性のないはずであるダニや花粉などに対する過剰な免疫応答はアレルギー性疾患として、自己に対する過剰な免疫応答は自己免疫性疾患としてとらえられます。一方、本来体内から排除されるべき癌細胞は、免疫機構をたくみにくぐりぬけながら分化増殖していきます。このように考えると、呼吸器内科で扱う多くの疾患の原因そのもの、あるいは病態の形成や維持に様々な形で免疫応答が関わっていることがわかります。
 近年、特に実験病態モデルの検討から、従来認識されていなかった新たな免疫担当細胞や、疾患特異的、臓器特異的な免疫担当細胞のサブタイプが発見されており、これらの免疫担当細胞制御による病態コントロールの可能性が示唆されています。我々は、ヒト肺・気道疾患をターゲットに、肺あるいは気道局所の免疫細胞を分離し、臨床情報とあわせて解析することで、難治性疾患の病気の理解と新たな治療法の可能性を求め、研究を行っています。
 現在我々が関心を持ち、研究をすすめている分野を下図に示します。

主な業績:
1. Suzuki Y, Wakahara K, Nishio T, Ito S, Hasegawa Y. Airway basophils are increased and activated in eosinophilic asthma. Allergy. 2017; 72 (10): 1532
2. Sarfati M, Wakahara K, Chapuy L, Delespesse G. Mutual interaction of basophils and T cells in chronic inflammatory diseases. Front Immunol 2015; 6: 399
3. Chapuy L, Bast M, Mehta H, Rubio M, Wakahara K, Baba N, Cheong C, Yun TJ, Panzini B, Wassef R, Richard C, Tamaz R, Soucy G, Delespesse G, Sarfati M. Basophils incresase in Crohn disease and ulcerative colitis and favor mesenteric lymph node memory TH17/TH1 response. J Allergy Clin Immunol. 2014; 134(4):978
4.Wakahara K, Van VQ, Baba N, Begin P, Rubio M, Delespesse G, Sarfati M. Basophils are recruited to inflamed lungs and exacerbate memory Th2 responses in mice and humans. Allergy 2013; 68 (2): 180
5. Wakahara K, Baba N, Van VQ, Begin P, Rubio M, Ferraro P, Panzini B, Wassef R, Lahaie R, Caussignac Y, Tamaz R, Richard C, Soucy G, Delespesse G, Sarfati M. Human Basophils interact with memory T cells to augment Th17 responses. Blood 2012; 120 (24): 4761
6. Van VQ, Raymond M, Baba N, Rubio M, Wakahara K, Susin A.S, Sarfati M. CD47high expression on CD4 effectors identifies functional long-lived memory T cell progenitors. J. Immunol. 2012; 188: 4249
7. Raymond M, Van VQ, Wakahara K, Rubio M, Sarfati M. Lung dendritic cells induce TH17 cells that produce TH2 cytokines, express GATA3, and promote airway inflammation. J Allergy Clin Immunol. 2011 Jul; 128(1):192
8. Wakahara K, Tanaka H, Takahashi G, Tamari M, Nasu R, Toyohara T, Takano H, Saito S, Inagaki N, Shimokata K, Nagai H. Repeated instillations of Dermatophagoides farina into the airways can induce Th2-dependent airway hyperresoibsiveness, eosinophilia and remodeling in mice: effect of intratracheal treatment of fluticasone propionate. Eur J Pharmacol. 2008 Jan 6;578(1):87
ページトップへ